帝国ホテル、月額36万円でホテル暮らし可能に、食事・洗濯もサブスクで、タワー館を一部改修

帝国ホテルは2021年2月1日、新規にサービスアパートメント事業を開始すると発表した。タワー館の客室3フロアの一部を改修し、99室をサービスアパートメントに割り当てる。旅館業法のもとで行うため、煩雑な契約がないのが特徴。エグゼクティブ層を中心とした“第2の仕事場”としての利用のほか、企業規模でのBCP対策、富裕層のセカンドハウスなどの需要を見込む。

2月1日から予約を受け付け、3月15日から利用を開始する。7月15日までの料金の一例は、30平方メートルのスタジオタイプの場合、サービス料・税金込みで月額36万円。客室内にキッチンや大型冷蔵庫などはないが、専属サービスアテンダントによるサービスをベースに、サービスアパートメント専用のルームサービスによる食事が月額6万円、ランドリーサービスを月額3万円のサブスクリプション方式で提供する。

そのほか、駐車場、フィットネスセンター・プール・サウナ、ミーティングルーム、ビジネスラウンジ、ホテルラウンジでのコーヒー・紅茶も提供するため、月額45万円を払えば、食事も込みで都心の一流ホテルで優雅な暮らしができる計算になる。

アパートメントフロアには共同利用スペースのコミュニティルームを設置。朝食のパンを無料で提供するほか、洗濯乾燥機、電子レンジなどが自由に利用できる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。