JAL×プリンスホテルが協業開始、インバウンド回復期には安全確保の管理型ツアー展開も

日本航空(JAL)とプリンスホテルは、ウイズコロナ時代の新しい旅行スタイルの提案に向け協業を開始する。JALの国内127路線、プリンスホテルの国内ホテル47カ所、レジャー施設を組み合わせて商品企画するとともに、両社がこれまで培ってきた観光に関する知識・ノウハウを活かして新しい旅行スタイルを提案する。

具体的には、地域の魅力にフォーカスした旅行商品として、JAL客室乗務員による「ふるさとアンバサダー」やプリンスホテルスタッフが提案するツアーを企画。第一弾として、札幌プリンスホテルに宿泊し、JAL「ふるさとアンバサダー」が提案する観光スポットをめぐる個人向け商品を販売する。

また、ふるさとアンバサダーが各地の逸品や特産品をすすめる即売会もプリンスホテルの宴会場で開催するほか、コロナ禍で自由に海外旅行がしづらいなか、ハワイをテーマに航空機に搭乗して機内食を楽しんだ後、グランドプリンスホテル新高輪に宿泊するコラボプランなども企画する。

長期的には、新型コロナウイルス感染症の収束を見すえてインバウンド回復に向けた旅の提案でも協業し、安全性を確保しながら各地をめぐる管理型の団体観光ツアーも提案していくという。感染対策が施されたバスや観光スポット、ホテルでの滞在を提案する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。