平日の旅館・ホテル空室を、住まい・オフィスとして格安販売する新サイト、温泉宿の長期滞在を1泊2000円台など

会員制旅行予約「トクー!」を運営するクーコム社は2021年4月、全国の高級旅館・ホテルを宿泊期間に応じて最大88%オフで販売するサイト「The Worke(ザ・ワーケ)」を開設した。コロナ禍でテレワークをはじめ新しい働き方が広がるなか、平日の旅館・ホテルの空室をオフィスや住まいとしてシェアし、楽しみながら働くスタイルを提案したい考え。

これまでのワーケーションは1週間単位などが主流だが、「The Work」は 6泊から360泊まで選べるプランを提供するのが特徴。契約期間中は宿泊者を変更し、友人や同僚と分割利用できるシェアスタイルを可能にすることで利用のすそ野を広げる。利用しない期間の部屋を再販し収益につなげるモデルも提案する。

現時点での加盟旅館・ホテルは、京都 東急ホテル(京都府)、銘石の宿 かげつ(山梨県)、ヒルトン沖縄北谷リゾート(沖縄県)、ANAホリデイイン仙台(宮城県)など。一例として、銘石の宿 かげつの場合、通常1泊あたり1万7600円のところ、180泊の契約で1泊2640円で販売する。

長期購入の場合、利用できない期間もあると想定される。クーコムによると、全国の旅館・ホテルとの交換や、宿泊者同士が売買できるエクスチェンジサービスのビジネスモデル特許を1月15日付けで申請したという。

The Worke(ザ・ワーケ)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。