JR東日本、駅にシェアサイクル拠点増設へ、地域間とのラストワンマイル移動を拡充

JR東日本は、国内最大級のシェアサイクルプラットフォーム「OpenStreet 」が実施する第三者割当増資による新株発行を引き受けることで資本業務提携を行う。この提携を通じて、JR東日本は「JRE POINT」を軸として、シェアサイクルを活用した移動機能を拡充することで、 MaaSの展開・構築を連携して進めていく。

具体的には、JR東日本グループの駅ビルなどでシェアサイクルステーション拠点を拡充していくほか、OpenStreetのシェアサイクル利用で「JRE POINT」が貯まるサービスを提供していく。さらに、JR 東日本の都市型MaaS アプリ「Ringo Pass」とOpenStreetが提供するシェアサイクルの連携についても準備を進めていく方針だ。

OpenStreetは、 自転車活用推進法の後押しやユニークな水平分業型の地域パートナーモデルを展開するシェアサイクルプラットフォーム。「HELLO CYCLING」を運営するほか、 シェアスクーターサービス「HELLO SCOOTER」、 パーキングシェアサービス「BLUU Smart Parking」などを通じてラストワンマイルの多様な移動手段を提供している。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。