オンライン会議できる「シェアオフィス新幹線」が登場、JR九州が期間限定で運転、リモートワーク推奨車両を設置

九州旅客鉄道(JR九州)は、期間限定で「シェアオフィス新幹線」を運行する。九州新幹線車内では座席での携帯電話などの通話は原則禁止しているが、リモートワーク推奨車両を設け、自由に通話できるようにする。出張や通勤の移動中のオンライン会議や電話での打ち合わせが可能になる。

運転期間は6月14~30日(土休日除く)で、対象列車は上りが「さくら402号」(鹿児島中央駅12:00発/博多駅13:37着)、下りが「さくら409号」(博多駅16:24発/鹿児島中央駅17:59着)。リモートワーク推奨車両に座席指定はなく、他の号車の指定座席を買ったうえで移動して利用する仕組み。定員18名とし、満席の場合は利用できない。

車内で快適にリモートワークできるよう、NTTドコモと連携し、無料Wi-Fiルーター、電子雑誌読み放題などのサービスも提供する。また、新型コロナウイルス感染症対策として、ライオンの除菌ウェットシートも配布する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…