JR九州、2022年開業の西九州新幹線「かもめ」のデザイン発表、鉄道デザインの第一人者水戸岡氏が担当

JR九州は、2022年秋頃に開業予定の西九州新幹線「かもめ」の車両デザインを発表した。デザインは、「ななつ星」など数々の列車デザインを手掛けた水戸岡鋭治氏が担当した。

九州らしいオンリーワンの車両をデザインコンセプトに、JR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴを配置。毛筆の「かもめ」の書体をエクステリアデザインとして採用した。

インテリアのテーマは「優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい」。和洋折衷、クラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくも新しい空間を表現した。座席デザインは、指定席1号車が「菊大柄」、2号車が「獅子柄」、3号車が「唐草」。

指定席1号車の「菊大柄」デザイン(報道資料より)

西九州新幹線は、武雄温泉と長崎を結ぶ路線。武雄温泉駅で博多/武雄温泉間を運行する在来線特急列車と同じホームで乗換を行う「対面乗換方式」によって開業する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。