旅行予約に「以前よりもストレスを感じる」が約半数に、求めることは「簡単な変更」や「総費用の事前確認」

エクスペディアは、「旅のパートナー」に関する調査を世界12地域1万5000人を対象に実施した。その結果から、日本人は再び旅行ができるようになることを楽しみにしている一方、旅行予約には以前よりもストレスを感じているという結果となった。

コロナ禍で最も望むことについて、日本人の57%が「制限なく旅行すること」と回答。「マスクをせずに出かけること」(55%)が続いた。

次の旅行で楽しみにしていることについては、「日常の生活では体験できないアクティビティを予約すること」が最も多く45%。次いで「料理をせずに食事が提供されること」(44%)、「食後の片づけの必要が無いこと」(31%)が続いた。

また、「コロナ後の旅行予約に、以前よりもストレスを感じている」との回答を国際比較したところ、1位はアメリカで62%。日本は49%で2位となった。

報道資料よりこのほか、今後12ヶ月で旅行予約に必要なことについての質問では、「予約内容を簡単に変更できること」と「清算時ではなく、前もって総費用を確認できること」がそれぞれ37%で最も多い結果となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…