LCCピーチ、情報発信型のワーキングスペースを開設、大阪・心斎橋PARCOに、異業種間で生まれるアイデアで就航地の魅力発信

LCCのピーチアビエーション(Peach Aviation)は、心斎橋PARCO内のコミュニティ型ワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」に、同社の新たな情報発信型ワーキングスペース「Peach SHAKE LABO(ピーチシェイクラボ)」を開設する。

SkiiMaは、「好きと好きの間に」をコンセプトとしたワーキングスペース。、2020年11月に一号店を大阪・心斎橋PARCOに、2021年4月には関東第一号店を東京・吉祥寺PARCOにオープンした。

ピーチは、2020年4月から「Peach SHAKE」を展開。 独自の視点で就航地の魅力の発掘や新しいコミュニティや活動を作り出してきた。「Peach SHAKE LABO」では、この取り組みをさらに進化させ、業界の垣根を越えて、異業種間で生まれるアイデアなどを通じて、地域の魅力を発信していく。

開設の第1弾企画として、1回5000円でピーチポイント6000 円分以上などが当たるカプセル型自販機を設置。カプセル型自販機のテーマは「旅くじ」で、カプセルを開けるとミッションとともに行き先が指定されており、実際に指定された行き先にピーチを利用しての旅行ができる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。