英国政府観光庁、日本郵政「ぽすくま」が英国体験するSNSキャンペーン、将来の旅行先として魅力アピール

英国政府観光庁はこのほど、日本郵便のマスコットキャラクターである「ぽすくま」が英国でしかできない体験を紹介するソーシャルメディアキャンペーン「#POSUKUMAinUK」を開始した。2021年は、英国の郵便制度をもとに作られた日本の郵便創業150周年。日本郵便では、「ぽすくま」が英国の名所や文化を体験する様子を描いた切手を9月に発行する。

「ぽすくま」が今後数週間にわたり、英国政府観光局のパートナー、地方観光局、インフルエンサーたちと一緒に英国各地を旅行。撮影した写真を英国政府観光庁のツイッター・キャンペーンで紹介する。東京からロンドンまでブリティッシュ・エアウェイズのビジネスクラスで行く模様も、ブリティッシュ・エアウェイズのFacebookで公開する予定。キャンペーンをソーシャルメディアで広くシェアしてもらうことで、将来の旅行先としての英国の魅力を訴求する。

2019年の日本から英国への訪問者数は38万9000人で、消費額は3億6900万ポンド。英国政府観光庁 Deputy CEOのパトリシア・イェーツ氏は、「日本は英国にとって重要なインバウンド市場。将来の旅行を促進するために英国の魅力をプロモーションしたい」などとコメントしている。

英国政府観光庁 ツイッター公式アカウント

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。