東横イン、泊まって睡眠状況を解析する新サービス、翌朝に宿泊客のスマホに睡眠の質を通知

東横インが運営する東横INは、2021年9月10日から新サービス「すいみんPJ」を開始した。対象の部屋に宿泊すると、当日の睡眠状況を解析し、翌朝、宿泊客のスマートフォンの東急INN公式アプリで結果を通知する内容。コロナ禍でストレスを抱える人が増えるなか、必要に応じて睡眠改善を心がけるきっかけを提供し、他社と差別化する。

東横INN大宮駅東口など対象ホテル430室で提供を開始し、2022年3月までに約800室に拡大する。マットレスに設置した睡眠センサーが圧力を感知して睡眠データを取得。睡眠時間、途中で目覚めた回数や心拍、呼吸数をグラフで表示し、睡眠の質を解析する。KDDIとニューロスペースが共同開発した睡眠アプリ「Real Sleep」のノウハウを活用してサービス提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。