森トラスト、軽井沢にワーケーション対応の貸切コテージ開業、中長期滞在ニーズに対応

森トラストは、2021年9月13日に「Workation+Cottage KARUIZAWA」を長野県軽井沢町に開業した。森トラスト・ホテルズ・リゾーツが運営する2階建てコテージ。中長期滞在が可能な居住空間と、専用ワークプレイスを併設するワーケーション施設として展開する。

定員は10名。コテージ1棟貸切の場合、最短1カ月からの賃借で、1階ワークプレイス、2階の4部屋の寝室を利用できる。平日はチームメンバーでワークに専念、週末はレジャー利用などさまざまな用途をアレンジする。ワークプレイスはホワイトボード、デスク、Wi-Fiなど、ワーケーションに不可欠な設備を備え、半日利用3万5000円などのプランも売り出す。

森トラストはこれまで、リゾート地でのスモールオフィスブランド「Cozy Works」を整備したほか、企業やワーカーの多様なニーズに対応する施策「ワーケーション2.0」を展開している。今後は個人だけでなく、企業のチーム単位でのワーケーションニーズに対応するため、軽井沢の所有施設に専有ワークプレイスを備え、中長期のワーケーションが実施できるコテージとして開業する。

なお、隣接する軽井沢マリオットホテルの地元食材を使用した食事提供、周辺のガイド付きウォーキングイベントといった、有料オプションも用意する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。