スターフライヤー、機内にペット同伴する新サービスを検証、ゲージに入れて隣席に

スターフライヤーは、国内線定期便で、機内でペットが一緒に旅行できる機内ペット同伴サービスの検証フライトを実施する。現在、ペットは手荷物として貨物室に預ける必要がある。スターフライヤーは、航空機を利用する旅行のニーズが多様化していることから、この検証フライトを実施することを決めた。

実証フライトは2021年10月1日、2日、3日の北九州/羽田線で実施。同伴できるペットは、50cm×40cm×40cm程度のペットゲージに入る小型犬あるいは猫。座席は最後列27列目を使用する。空港内および機内でペットをゲージが出すことはできない。また、餌を与えることも不可とする。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。