検索タグ "スターフライヤー"

航空各社、お盆期間も厳しい状況続く、ANA・JALとも国内線予約数は60%以上の減少、予約率は30%台にとどまる

航空各社、お盆期間も厳しい状況続く、ANA・JALとも国内線予約数は60%以上の減少、予約率は30%台にとどまる

7月22日から「GoToトラベル」事業が始まったものの、航空各社のお盆期間(8月7日~16日)状況は厳しい。ANA、JAとも予約数は前年比60%以上減少。予約率も30%台と低調。
航空各社、GWは壊滅的な結果に、国内旅客数は軒並み90%以上の減少、緊急事態宣言による外出自粛で

航空各社、GWは壊滅的な結果に、国内旅客数は軒並み90%以上の減少、緊急事態宣言による外出自粛で

航空各社は今年のゴールデンウィーク期間(4月29日~5月6日)の利用実績は、緊急事態宣言の影響が大きく響き、国内線の旅客数は軒並み90%以上の減少に。
航空各社、GW予約数は9割減、前例ない下げ幅、新型コロナウイルスの緊急事態宣言で

航空各社、GW予約数は9割減、前例ない下げ幅、新型コロナウイルスの緊急事態宣言で

航空各社は、今年のゴールデンウィーク期間(2020年4年29日~5月6日)の予約状況を発表。緊急事態宣言下、軒並み前例のない下げ幅に。予約率は多くの航空会社が10%前後。
スターフライヤー、新ビジュアルで広告展開、漆黒の機体を際立たせてブランドイメージ強化

スターフライヤー、新ビジュアルで広告展開、漆黒の機体を際立たせてブランドイメージ強化

スターフライヤーは、新広告の展開を開始。黒の魅力を際立たせたクリエイティブを新たに制作することで、ブランドイメージの強化を図る。
ANAら、羽田空港で保安検査場の通過締切時刻を5分早め「20分前まで」に変更、国内線を対象に12月から

ANAら、羽田空港で保安検査場の通過締切時刻を5分早め「20分前まで」に変更、国内線を対象に12月から

全日空(ANA)など国内航空会社4社が2018年12月1日搭乗分より、羽田空港国内線の保安検査場の通過締め切り時刻を「20分前」に変更。
ゴールデンウィーク航空実績2016、国内航空4社、スカイマークは旅客数・利用率とも前年を大きく上回る

ゴールデンウィーク航空実績2016、国内航空4社、スカイマークは旅客数・利用率とも前年を大きく上回る

国内航空4社の2016年度ゴールデンウィーク期間の利用実績によると、ソラシドエア以外は旅客数を伸ばした。特にスカイマークは前年比11.4%増、利用率も88.2%と好調に推移した。
お盆期間の航空実績2015、再生中のスカイマークは旅客数微減、スターフライヤーは大幅減 ー国内航空4社

お盆期間の航空実績2015、再生中のスカイマークは旅客数微減、スターフライヤーは大幅減 ー国内航空4社

国内航空4社の2015年お盆期間の利用実績がまとまった。AIRDOとソラシドエアは前年比増、再生計画が進行中のスカイマークとスターフライヤーは提供座席数を減らしたこともあり、旅客数も前年割れ。
GW国内航空2015、経営再建中のスカイマーク好調、スターフライヤーなど各社も前年比増

GW国内航空2015、経営再建中のスカイマーク好調、スターフライヤーなど各社も前年比増

スカイマークの2015年度ゴールデンウィーク期間(4月28日〜5月6日)の予約状況を見ると、予約数は同9.5%増の14万1,250人となり、経営破綻後初めてのゴールデンウィークながら好調な予約状況になっている。
航空4社の2014年お盆期間実績、スカイマーク好調で旅客数26%増、ソラシドのみ利用率80%下回る

航空4社の2014年お盆期間実績、スカイマーク好調で旅客数26%増、ソラシドのみ利用率80%下回る

航空会社4社のお盆期間(8月8日〜17日)の利用実績によると、エア・ドゥ(HD)、スターフライヤー(7G)、ソラシドエア(LQ)の旅客数は前年を下回ったものの、提供座席数を増やしたスカイマークエアラインズ(BC)は旅客数も前年を上回る結果となった。
2014年お盆予約状況、スカイマーク、エア・ドゥ、スターフライヤーが予約率70%超え

2014年お盆予約状況、スカイマーク、エア・ドゥ、スターフライヤーが予約率70%超え

お盆期間の予約状況によると、ソラシドエア(LQ)の予約数は前年を若干下回ったものの、スカイマークエアラインズ(BC)、エア・ドゥ(HD)、スターフライヤー(7G)はそれぞれ前年を上回る予約数を確保した。
ANAとスターフライヤーがコードシェア拡大、羽田/宇部山口線でも

ANAとスターフライヤーがコードシェア拡大、羽田/宇部山口線でも

全日空/ANA(NH)は10月26日からスターフライヤー(7G)が運航する羽田/山口宇部線の1日3往復便でコードシェアを行う。
ANAとスターフライヤー、中部/福岡線のコードシェアを3月末から開始

ANAとスターフライヤー、中部/福岡線のコードシェアを3月末から開始

ANAとスターフライヤーは、4路線目となるコードシェア便を中部/福岡線でスタート。3月30日から。
スターフライヤーの年末年始、内際とも旅客数大幅増

スターフライヤーの年末年始、内際とも旅客数大幅増

スターフライヤー(7G)が発表した2013年度年末年始(2013年12月20日〜2014年1月5日)の輸送実績によると、国内線は提供座席数12万3177席(前年比52.9%増)に対し、旅客数が同73.2%増の9万9861人と好調に推移した。
スターフライヤー、関空/福岡線を10月1日に就航へ

スターフライヤー、関空/福岡線を10月1日に就航へ

スターフライヤー(7G)は2013年10月1日に、関空/福岡線を就航することを決定。使用機材はエアバスA320型機で、座席数は144席または150席。1日4便の予定だ。
グアム政府観光局、スターフライヤーの北九州チャーターでキャンペーン

グアム政府観光局、スターフライヤーの北九州チャーターでキャンペーン

グアム政府観光局は、スターフライヤー(7G)が8月に北九州/グアム間のチャーター便を運航するのに合わせ、キャンペーンを展開。スタンプラリーとフォトコンテストで思い出づくりをサポートし、北九州や下関からの旅行者を誘客する。
スターフライヤー、北九州/釜山線で通算10万人を達成、記念キャンペーン実施

スターフライヤー、北九州/釜山線で通算10万人を達成、記念キャンペーン実施

スターフライヤーは搭乗者数10万人の達成記念として「平日日帰り往復6600円運賃」を期間限定で発売。北九州発、釜山行きを往復6600円、平日(月~金)の日帰りで、28 日前まで購入が可能だ
スターフライヤー、最大1万円キャッシュバック-増便記念で

スターフライヤー、最大1万円キャッシュバック-増便記念で

スターフライヤーは羽田/福岡線、関空線の増便を記念し、福岡線の福岡発を対象に最大1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施。マイル加算増大や期間中のマイル加算額に応じたキャッシュバックキャンペーンも