エミレーツ航空、VRアプリでフライト予約や支払い機能を提供へ、機内体験の疑似体験を提供

エミレーツ航空、VRプラットフォーム「Oculus Riftストア」で、同社初となるVRアプリ「Emirates Oculus VR」(エミレーツ・オキュラスVR)の提供を開始した。最先端バーチャルリアリティ(VR)技術で、同社の機内の疑似体験を提供する。

体験できるのは、ボーイング777チェンジャー機の完全密封空間のファーストクラススイートのほか、エアバスA380の機内ラウンジ、77列目の座席周辺の眺望など。機内ラウンジでアイテムを手にしたり、シャワースパの水を出したり、プライベートスイートのドアの操作など、インタラクティブに疑似体験できるようにしている。

エミレーツ航空では今後、同アプリで目的地の探索のほか、フライト予約や支払いなどの機能も提供する予定だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。