渋谷区公認のメタバース5Gエンタメ、2022年度はリアルイベントと連携も、ガイドラインも整備

渋谷未来デザイン、KDDI、渋谷区観光協会の3者が主管する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、2022年4月に3期目を迎え、今年度は44社体制でプロジェクトを運営する。

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、渋谷区公認の都市連動型メタバース「バーチャル渋谷」などを運営。2022年度はVRやARなどの分野を活用した、新しいコンテンツ開発やイベントをおこなうほか、渋谷区でのリアルイベントとの連携も検討する。

また、都市連動型メタバースのガイドライン整備を目的とした「バーチャルシティコンソーシアム」を発足。4月に用語の定義、課題などを整理したガイドラインver1.0を公開したのに続き、メタバースに関連する提言を積極的におこなっていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…