若者世代の今夏の旅行意識、宿泊費用は1人1泊「8000~1万円未満」が最多、旅行情報の収集はインスタ、行きたい旅先は北海道がトップ

楽天と、民泊事業の楽天LIFULL STAYは、若年層向けメンバーシッププログラム「楽天学割」(15~25歳)会員を対象に、若者の夏の旅行に関する調査をインターネットで実施した。調査期間は2022年7月1日~8月1日で、回答数は661名。

これによると、夏の旅行予算については、宿泊費用は1人1泊あたり「8000~1万円未満」(23.0%)が最多。次いで、「4000~6000円未満」(20.1%)、「1~1万5000円」(17.1%)と続いた。1人あたりのレジャー・アクティビティ費用は宿泊費用と同様の順で、それぞれの回答割合もほぼ同じような結果だった。

発表資料より

また、旅行情報の収集先(複数回答)は、「Instagram(インスタグラム)」(62.8%)と「Google・Yahoo!などの検索サイト」(54.8%)がともに過半数を超えたほか、「旅行情報まとめサイト」(45.5%)も人気が高かった。「旅行予約サイト」(34.6%)も3人に1人以上が使用していると回答した。

発表資料より

旅行の目的は「いつもと違う環境でリフレッシュ」(18.8%)、「一緒に行く人との時間を楽しむ」(18.2%)、「夏らしい体験を楽しむ」(17.9%)」がトップ3に。行きたい場所では、「北海道」(17.4%)が、続く「東京都」(8.8%)、「沖縄県」(7.9%)、「大阪府」(7.0%)、「京都府」(6.2%)を大きく引き離し、1位となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…