三井住友カード、旅行者のキャッシュレス統計データを見える化、観光予報プラットフォーム参画で予測も可能に

三井住友カードは、2022年10月から観光予報プラットフォーム推進協議会が運営する「観光予報プラットフォーム」にキャッシュレス統計データの提供を開始する。これにより、国内旅行者や訪日旅行者のエリアごとの消費行動の分析予測が可能になる。

具体的には、全都道府県別に、消費が多い観光客の属性やエリア内の加盟店業種の上位3位までのシェアを可視化するなど、消費実態の一部を把握することができるようになる。

また、同社は「観光予報プラットフォーム」で捕捉しきれない場合には、データ分析サービス「Custella Analytics」による詳細分析も容易。観光客が「いつ」「どこで」「どんな人が」「何を」「いくら」決済したかといった情報をクロスで集計・分析することで、観光振興につながる最適な施策設計を支援する。

観光予報プラットフォームとは、自治体・観光協会・DMO・企業に対して、地域の活性化やサービス事業者の生産性向上のため、「観光」関連データをエリア単位にまとめるプラットフォーム。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…