スカイマーク支援はANA -会長はインテグラル、社長はANAから、5年以内の再上場目指す

再建中のスカイマーク(BC)は、共同スポンサーにANAホールディングスを選定した。他の本邦航空会社の再生に携わった経験と、販売や調達、整備などスカイマークの事業価値に資する幅広い支援の提案が決め手となった。これを受け2015年4月22日にスカイマーク、インテグラル、ANAホールディングスが共同支援の基本合意書を締結した。

スカイマークは100%減資を実施し、再生計画案の認可決定後に行なう第三者割当増資をインテグラルとANAが引受け、新しい株主となる。出資総額は180億円の予定で、比率はインテグラルが50.1%、ANAが最大19.9%。残りは両社の協議の上、再生計画案を提出する5月29日までに決定する。180億円は債務の弁済に充てる予定であり、運転資金の確保には、別途金融機関から調達する予定だ。

取締役員数は6名とし、そのうち3名をインテグラルが、1名をANAが指名。会長はインテグラルが指名する取締役から、社長はANAまたはその他の株主が指名する取締役から各1名を選定する。両社の出資時から5年以内の再上場を目指すことも合意内容に含めている。

なお、スカイマークの従業員の雇用は原則的に維持する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…