アジア人の夏休み人気旅行先2015、首位はバンコク、東京が3位に ―スカイスキャナー

スカイスキャナーが発表した「2015年アジア人が行きたい夏休み旅行先トップ10」で、1位は「バンコク」、2位が「ロンドン」、3位が「東京」となった。国内では「大阪」も7位でトップテン入りしている。

「東京」は昨年6位から3位にランクアップしたほか、「大阪」は2013年の14位、2014年の10位、今年は7位と徐々に順位が上昇する好調ぶりだ。

アジア人による夏休み旅行先の人気ランキングは以下のとおり。


2015年アジア人が行きたい夏休み旅行先トップ10

  1. バンコク
  2. ロンドン
  3. 東京
  4. シンガポール
  5. バリ
  6. 香港
  7. 大阪
  8. 台北
  9. パリ
  10. クアラルンプール

なお、今回の調査対象となった国のうち、特に香港と韓国、台湾で日本の人気が高いことも分かった。香港では人気1位が「東京」、3位「大阪」のほか、9位に「沖縄」が入った。また、韓国ではトップが「大阪」で「東京」が4位、台湾では1位「東京」、2位「大阪」と続き、4位に「沖縄」がランクインしている。

香港、韓国、台湾による人気トップ10は以下のとおり。


香港・韓国・台湾人が行きたい夏休み旅行先トップ10

【香港】

  1. 東京
  2. ロンドン
  3. 大阪
  4. 台北
  5. バンコク
  6. シンガポール
  7. ソウル
  8. パリ
  9. 沖縄
  10. バリ

 

【韓国】

  1. 大阪
  2. バンコク
  3. ロンドン
  4. 東京
  5. パリ
  6. 台北
  7. 済州
  8. 香港
  9. イスタンブール
  10. シンガポール

 

【台湾】

  1. 東京
  2. 大阪
  3. 香港
  4. 沖縄
  5. シンガポール
  6. ロンドン
  7. パリ
  8. ソウル
  9. バンコク
  10. ロサンゼルス

この調査は、東アジアと東南アジア10か国(インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、ベトナム、香港、マレーシア)を対象に実施したもの。2014年1月1日から2015年6月30日までの間に同サービスにて、2015年7月1日から8月31日までを出発日として検索された旅行目的地を集計したもの。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。