観光庁ら3庁連携でスポーツ×観光コンテスト、第一次選定結果を発表、シンボルマークも決定

観光庁はこのほど、「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」の第一次選定結果を発表した。この取り組みはスポーツと観光を融合した日本ブランド確立を目指して2016年3月に観光庁、スポーツ庁、文化庁の3庁が締結した包括的連携協定にもとづくもの。先におこなわれた「ツーリズムEXPOジャパン」に続く官民共同プロジェクト「ジャパン・トラベル・マンス」でも注目すべきコンテンツとなっている。※画像は同取り組みのシンボルマーク。水引で結ばれた3つの輪で3庁連携を表現。富士山を生かしたデザインで国内観光の発展に対する期待が描かれている。

アワードへの応募条件は、「スポーツ」と「文化資源」を組み合わせたツーリズムに関するアイデアであること。国内外の観光客増や地域への経済効果波及を見込み、地域の活力の着実な増加につながるものとされた。総数は44件で、そのうち10選を選出した。

「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」に選出された取り組み10種類は以下のとおり。

スポーツ文化ツーリズムアワード2016 第一選定結果

  • スポーツ流鏑馬大会(北海道・東北ブロック、青森県十和田市)
  • 東北風土マラソン&フェスティバル(北海道・東北ブロック、東北風土マラソン&フェスティバル実行委員会)
  • J2水戸ホーリーホック(関東ブロック、茨城交通)
  • 官民連携で台湾ランナーと新潟文化をつなぐ ~スポーツを通じた交流のかけはし~(北陸・信越ブロック、新潟市文化・スポーツコミッション)
  • 熊野古道伊勢路を歩く ~伊勢から熊野へ 二大聖地を結ぶ巡礼の道~(中部ブロック、三重県)
  • 世界遺産姫路城マラソン(近畿ブロック、兵庫県姫路市)
  • サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム(中国・四国ブロック、瀬戸内しまなみ海道振興協議会)
  • あわ阿波踊り2016 ~World Awa Dance Open~(中国・四国ブロック、WADO実行委員会)
  • 沖縄海人スピリッツ!!いとまん帆掛(ふーかき)サバニ乗船体験(九州・沖縄ブロック、糸満市観光協会)
  • 日本の伝統文化とスポーツの融合「和太鼓アクティビテイ」!(その他、太鼓センター/TAIKO-LAB 京都・青山)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…