海外富裕層向けに日本の上質体験を売る新サイトが登場、楽天傘下の「ボヤジン」、電通らとコンソーシアム結成も

楽天グループのアクティビティ予約サイト「ボヤジン(Voyagin)」は、海外富裕層向けの旅行体験販売サイト「Priceless Cultural Experiences in Japan」を公開した。

同サイトでは、海外の富裕層やリピーターに関心が高い日本の歴史や伝統文化について、日本各地の上質なものや日本でしか体験できないイベントを通じ、その魅力を発信。ボヤジンで販売する「すきやばし次郎 本店特別貸切イベント」など、各コンテンツホルダーと連携した富裕層向けの商品を提供する。また、同サイトは月間5万人以上が利用するボヤジン上でプロモーションを行なう。

同事業では訪日旅行者の増加と地方への誘客促進を目的としており、今後は富裕層の会員の多いホテルネットワークや、世界的なラグジュアリー・トラベル・ネットワークとも連携し、効果的な情報発信やプロモーションを行なう予定だ。

また、ボヤジンは、電通アドギアと富裕層向けマーケティングやスモール・ラグジュアリーホテルズ・オブ・ザ・ワールドなど計6社で、「ラグジュアリートラベルコンソーシアム」を結成。日本政府観光局(JNTO)の「平成29年度日本ならではの特別な体験等の情報発信による訪日旅行促進事業」を受託し、同事業において展開する。

ラグジュアリートラベルコンソーシアムのメンバーは以下の通り。

▼ラグジュアリートラベルコンソーシアム

  • ボヤジン
  • 電通アドギア
  • クリルマネジメント:富裕層向けマーケティング、トラベルコンシェルジュ
  • スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド:独立系高級ホテルブランドグループ
  • 枻出版社
  • リヴァンプ:クライアントへの経営支援、ナインアワーズなど事業会社経営

 


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。