JR、北海道新幹線の運賃を半額で販売、ネット限定の北海道観光の復興支援で

東日本旅客鉄道(JR東日本)と北海道旅客鉄道(JR北海道)は、「えきねっと」と「モバイルSuica」の会員限定で、北海道復興を支援する切符を発売する。東北・北海道新幹線の運賃と料金が50%割引、えきねっと会員であれば駅レンタカーも40%割引で販売。「北海道胆振(いぶり)東部地震」で北海道の観光需要が落ち込むなか、復興につなげたい考えだ。

利用期間は2018年11月20日から12月25日まで。料金は仙台/新函館北斗間の場合、通常期の1万7310円に対して8640円。販売期間はえきねっとが乗車日20日前、モバイルSuicaが21日前まで。また、駅レンタカーもえきねっと会員限定で、切符と合わせて購入する形でスペシャルプランを企画。24時間利用、Sクラスの場合、通常の8100円が4860円となる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…