GoTo東京追加で都民はどこを目指したか? 検索数が増加した行き先ランキング、ナビタイムが発表

ナビタイムジャパンは、GoToトラベルキャンペーンに東京都が追加された10月最初の週末について、東京都内を出発地として検索された都道府県や検索スポットを分析し、GoTo追加前と比較した増加率でランキングを発表した。同社が提供する各種ナビゲーションサービスで、同意を得て取得したデータを活用したもの。

これによると、2020年10月最初の週末(10月2日~4日)と9月最初の週末(9月4日~6日)の比較で、公共交通の検索で1位となったのは石川県(増加率1.57倍)。次いで、京都府(1.46倍)、長崎県(1.40倍)などが続き、東京都から新幹線や飛行機で移動する遠方の府県が上位となった。

検索スポットでは、石川県では和倉温泉をはじめとする温泉地が多かった。また、2位京都府の清水寺や長崎県のハウステンボスなど、屋外の観光地が多く検索されたという。

発表資料より

自動車での検索では、福島県(1.48倍)や群馬県(13.8倍)など、東京から車で行きやすい北関東などの上位が多かった。検索スポットでは温泉地のほか、1位の国営ひたち海浜公園、2位日光東照宮など、屋外で秋の景色が楽しめる観光地の検索も増えた。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。