カプセルホテル「ナインアワーズ」、横浜の宿泊施設を再生開業へ、女性専用フロアを設置、若い世代の取り込み強化

カプセルホテルを展開するナインアワーズは、「グランパーク・イン横浜」を「カプセルプラス横浜 サウナ/カプセル」として改装し、 新たに2021年3月1日にオープンする。同社は、事業継続が難しい施設を対象に、 既存ブランドを維持しながら 事業再生を請け負っており、今回はオープンする施設は宿泊再生事業の2号案件となる。

改装された施設では、既存ユーザーに加えて女性や若い世代の客層の取り込みを強化。2階に女性専用フロアを設け、女性用カプセルユニットを3倍以上に増床し(旧24室→80室)、同フロアにシャワーやパウダースペースを設置した。1階男性専用大浴場・サウナでは、フィンランド式のロウリュウやEOSストーブなど設備し、リフレッシュルームも併設した。

左が旧グランパーク・イン横浜、右がカプセルプラス横浜 サウナ/カプセル(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。