トラベルポート、アマゾンのウェブサービス(AWS)と戦略的提携、流通プラットフォームをAWSに移行、コンテンツ配信を高速化

GDSトラベルポート社は、アマゾンウェブサービス(AWS)と戦略的かつ長期的な協力関係を結んだことを発表した。これにより、先進的なクラウド技術を用いて旅行業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進させていくとしている。

今回の提携に基づいて、トラベルポートは旅行会社、旅行サプライヤーと接続している旅行流通のプラットフォームをAWSに移行させる。大規模で高性能な処理を行うハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、ストレージ、セキュリティー、分析、機械学習、データベースなどAWSのテクノロジーを利用し、よりパーソナルな旅行予約体験を迅速に提供していく。

また、信頼性の高いオペレーション、プラットフォームの効率性とセキュリティの最適化のために、セキュリティーマネージメントサービス(AMS)も利用する。 

AWSの技術を活用することで、トラベルポートは、最近発表した次世代プラットフォーム「Travelport+」を最適化。HPCの優れたパフォーマンスを維持しながら処理能力を容易に拡張できるようにすることで、効率性を高めるとともに、AWSのグローバルネットワークを活用して、クラウドの「エッジ」でコンテンツをキャッシュする、いわゆるエッジコンピューティングによって、「Travelport+」からのコンテンツ配信を高速化する。 

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。