変なホテル、海外に初進出、韓国・明洞に8月1日開業へ、ホテル外でもチェックイン可能に

H.I.S.ホテルホールディングスは2021年8月1日、日本国内で展開する「変なホテル」の海外初進出として、韓国・ソウルに「変なホテル ソウル 明洞」を開業する。

「変なホテル」はフロントに配した恐竜や人型ロボットが宿泊客のチェックイン・チェックアウトを手伝うなど、最先端テクノロジーとエンターテインメント性が特徴。「変なホテル ソウル 明洞」は、宇宙船をイメージしたロビーで、宇宙飛行士ロボットと恐竜が宿泊客を迎えるほか、専用アプリをダウンロードすることでホテル以外の場所でもチェックインできるようにするなど、コロナ禍で非対面チェックインを売りにする。アメニティの追加などもデリバリーロボットが客室まで届ける。

客室は、ダブル、ツイン、ツインエキストラ、スイートの4タイプで全100室。韓国料理と和食・洋食を提供するカフェレストランも備える。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…