JR東日本とJR西日本のアプリ連携が拡充、各エリアの一部で列車の走行位置が確認可能に

JR東日本とJR西日本は、それぞれのアプリの連携サービスを拡充する。両社は2020年9月に、「JR東日本アプリ」と「WESTER」の連携を発表。MaaSの取り組みでシームレスな移動を提供してきた。

新たにWESTERでは、「マイ駅」画面でJR東日本の新幹線および首都圏の駅などを確認することが可能になる。また、北陸新幹線各駅(金沢~東京)の「マイ駅」画面で、北陸新幹線の列車走行位置(JR 東日本提供)が表示され、リアルタイム運行情報を確認することもできるようになった。

報道資料よりJR東日本アプリでは、「列車走行位置」画面で、JR西日本の北陸・近畿エリアの一部路線が表示され、列車走行位置(JR 西日本提供)を確認することができる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。