JAL、「空飛ぶクルマ」事業を2025年に開始へ、大阪府の実証実験に採択、大阪万博でのサービス提供を計画

日本航空(JAL)は、いわゆる「空飛ぶクルマ」でのエアタクシー事業を2025年度に開始する予定だ。同年の大阪万博では、会場周辺の遊覧飛行や会場/関西空港間のエアタクシーサービスも計画している。これに向け、JALは大阪府が実施する「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」に採択された。実証実験では、ヘリコプターを活用した環境調査を実施する予定だ。 

実証実験では、2021年11月に万博会場の上空をヘリコプターで飛行し、実運航を想定した検証を実施。2022年2月には、eVTOL(垂直離着陸できる電動の小型垂航空機)開発のVolocopter社と協力し、ヘリコプターでの飛行風景と空飛ぶクルマの機内風景を組みあわせたバーチャルフライト体験を、全国の自治体関係者に提供する。体験フライト前後の顧客期待度調査の結果を、大阪エリアでの空飛ぶクルマ実現にいかす。

なお、JALは今回の実証実験の結果を、大阪府の協業・共創プラットフォーム「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」とも連携。空飛ぶクルマの実現と普及に貢献するとしている。


JAL DRONE/AIRTAXI WEBサイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。