知っておきたい「変貌する旅行者の行動」、旅行選びの「新たな潮流」、米フォーカスライトが調査(PR)

フォーカスライトがこのほど実施した米国での消費者調査から、幸先の良いニュースが届いた。なんと5人中3人が2021年中の旅行を計画している結果となった。旅に出かけたい、消費したいという気運は高まっているようだ。さらに同調査結果の一部を紹介すると――。

  • 回答者の60%以上は、ホテルに滞在するプランを考えている。
  • 回答者の3分の1は、ドライブ旅行を計画している。
  • 旅行保険を以前よりも重要だと考えるようになった人は、5人中2人。

あちこち物色して予約を入れるという一連の行動に、変化が起きていることも浮き彫りになった。旅行情報を検索する際、利用するサイトの順位に変動が見られ、OTAよりも航空・宿泊などのサプライヤーやDMOのウェブサイトを挙げる人が増加した。

また、情報収集に費やす時間は以前よりも長くなっており、予約に至るまで、すべてオンラインで完結する人が増えた。こうした消費行動の著しい変化が、自社の業績にどのような影響をもたらすのか、関係者は正しく理解しておくことが重要になっている。

最近出かけた観光目的の旅行で利用したオンライン・チャネルに関する質問結果は以下のとおり。2019年に2位だったOTAの順位は、2020年には5位に転落した。

質問:「情報収集や旅行サービス選定の際、利用したところをすべて選んでください」(回答者数:2020年は計1521人、2019年は計1352人)

カンファレンス2021のテーマは「旅行ルネサンス」

2021年11月15~17日に開催される「フォーカスライト・カンファレンス2021」では、変化が加速している時代だからこそ、旅行産業を代表するスマートな人々に参加を呼び掛けている。新たな潮流を次の成長の糧と捉え、最大限に活かしていくために、旅行各社はどうするべきか。オープンな議論と対話が繰り広げられるプラットフォームを提供する。

今回のテーマ「旅行ルネサンス期」の到来が目前に迫るなか、もっとスマートに、大胆に、正しい未来へ向かって動き出すヒントを得ることができるはずだ。

カンファレンスの概要は下記のとおり。この機会に、ぜひ多くの旅行関係者と一緒に語り合い、自らの考えや展望を世界の人々とシェアしてみてはどうだろうか。

今回は現地会場でリアルのイベントとなる。一方で、現地への渡航がまだ難しい状況下にある参加者にも配慮し、主要プログラムの一部を視聴できる「オンライン・チケット」も用意。さらに起業5年以内の中小事業者限定の「スタートアップ・チケット」も用意した。

開催要項

  • イベント:フォーカスライト・カンファレンス2021
  • 開催地:米フロリダ州フォートローダーデール/ハリウッド ディプロマット ビーチ リゾート
  • 開催期間と内容:
    • 2021年11月15日:イノベーションサミット、イノベーション・ローンチ
    • 2021年11月16・17日:出展会場およびネットワーキング・ラウンジ(終日オープン)
    • センターステージ:トリップアドバイザー、グーグル、スカイスキャナー、トリバゴ、CLEAR、カヤック、ホッパー、エクスペディアの経営トップへのインタビュー。その他にも旅行関係企業トップらが多数、登壇。取り上げるトピックスは、旅行流通からキャンプ市場、タビナカや短期レンタル物件(民泊)動向、旅行分野でのIPOやSPACs(特別買収目的会社)、SSI(自己主権型ID)など多岐に渡る。
  • 特設サイト
  • 最新プログラム
  • スピーカー一覧
  • 感染防止と安全に関する方針

参加申し込み:

※トラベルボイスはフォーカスライトの公式メディアパートナーとなっています。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。