タイ、11月からの入国で隔離免除の対象国を発表、日本を含め46カ国・地域、専用フォームの申請と承認が必要に

タイ政府は、2021年11月1日から実施するワクチン接種を完了した海外旅行者の受け入れについて、その対象国と要件を明らかにした。承認されたのは日本を含めて46カ国・地域。承認国に21日以上滞在している場合は、タイ入国後の隔離は免除される。ただし、入国時に出発72時間以内のPCR検査による陰性証明の提示が求められる。承認国以外から承認国を経由して入国する場合は対象外。

入国にあたっては、入国許可書(COE)をオンラインで申請し、承認されることが必要。また、5万ドル(約570万円)以上の補償範囲がある海外旅行保険に加入することも義務付けられる。

このほか、指定ホテル最低1泊分、到着後のPCR検査代および抗原テストキット(ATK)の費用を前払いする必要がある。

旅行者は、空港に到着後に指定の空港送迎で新型コロナウイルステストセンターあるいは予約した指定ホテルに向い、到着日当日にPCR検査を受ける。また、公式アプリ(MorChana)のダウンロードが必要で、検査結果はその日のうちに本人に通知される。

滞在中、新型コロナの症状が表れた場合、提供されたATKを使用して、即座に自己検査を行う必要がある。また、症状が出ない場合も、6~7日目にATKで自己検査を行い、その結果を宿泊施設に通知するとともに、MorChanaアプリに記録する。

※ドル円換算は1ドル114円でトラベルボイス編集部が算出

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。