アメリカン航空の「安心・安全の旅」への取り組みとは? 海外旅行の再開を見据えた最新情報をまとめた(PR)

新型コロナウイルスの感染状況が徐々に落ち着きを取り戻し、海外旅行を心待ちにしている人は多いだろう。アメリカン航空も日本人の海外旅行再開に向けて準備を整えており、太平洋路線における共同事業パートナーである日本航空(JAL)とともに、安心・安全な空の旅を提供している。一日も早く安心して旅立つために、アメリカン航空がおこなっている最新の取り組みを押さえてみた。

世界初の「GBAC STAR認証」を取得

まず、みなさんが最も気になっているのは感染予防対策だろう。アメリカン航空は、“Clean Commitment”と称し、清掃と消毒を徹底している。静電スプレーを用いた機内消毒はもちろん、空港ラウンジやチェックインカウンター、自動チェックイン機、ゲートにいたるまで、感染リスクを最小限に抑えるために日々万全を期している。

一部の空港では非接触でのチェックインと搭乗手続きも可能だ。こうした対策が認められ、感染症予防対策において国際的な衛生基準を満たした施設であることを証明する、ジーバック・スター・ファシリティ・アクレディテーション(GBAC STAR™認証:以下GBAC STAR認証)を世界で初めて取得した。GBAC STAR認証は、国際社会保障協会(ISSA)で洗浄、消毒および感染症予防のプロトコールを実施する施設の運営基準を提唱しているGBACによる国際的認証プログラムだ。

また、アメリカン航空最大のハブ空港であるダラス・フォートワース空港は、今夏から無料ワクチン接種プログラムを開始した。ワクチン接種が海外旅行再開のきっかけになるとの見方が強まるなか、ダラス・フォートワース空港も積極的に、安心・安全な旅の実現に向けた取り組みをおこなっている。

JALとの連携強化

共同事業パートナーのJALも、安心・安全な旅の実現に向けた取り組みを推進しており、世界の航空格付け会社スカイトラックス(SKY TRAX)や航空非営利団体エアライン・パッセンジャー・エクスペリエンス・アソシエーション(APEX)から、感染症対策関連の最高評価を獲得している。太平洋路線によるビジネスパートナーであるアメリカン航空とJALの両社が価値のある評価を得ていることは、旅行者の信頼獲得につながるだろう。

JALとの共同事業は安心・安全の旅だけにとどまらない。両社で北米9都市に就航し、さらにアメリカン航空の充実した北中南米ネットワークによって、直行便だけでは行くことのできない北中南米の多くの都市にご旅行することが可能だ。アメリカン航空の便には日本語を話す客室乗務員が必ず乗務していることや機内食の共同開発、B2B顧客に対しても、共同事業の強みを最大限に活かした営業活動を通じてパートナーシップを日々強化している。

JALとのパートナーシップを強化

空港ラウンジを続々再開へ

海外旅行の再開を見すえ、アメリカン航空は長く閉鎖していた空港ラウンジも着々と再オープンさせている。2021年9月にニューヨークとマイアミのFlagship®(以下Flagship)ラウンジを再オープン。秋から冬にかけて、ロサンゼルス、ダラス・フォートワース、シカゴのFlagshipラウンジを再開する。Flagshipラウンジは、ファーストクラスとビジネスクラス搭乗者だけが利用できる質の高いラウンジ。上級クラスの旅行者に最高品質のサービスを再び提供できるようになる。

充実したサービスを提供する空港ラウンジ

便数はパンデミック以前の約9割まで回復

一方、新型コロナウイルスによって、入国規制や航空便への搭乗条件などが複雑化し、旅の準備に一層時間がかかるようになったのも事実だ。こうした状況を少しでも緩和するため、アメリカン航空は新たなデジタルツールを開発した。

そのひとつが、Sherpa社と共同開発した入国規制確認ツールだ。出発地と目的地と旅行時期を入力するだけで、入国に必要な書類や規制について確認することができるもの。日本語での確認も可能になり、日本のユーザーへの利便性が一段と高まった。

昨今話題の健康管理アプリでは、“VeriFLY”を使用している。新型コロナウイルス陰性証明書などの健康関連の書類を簡単・便利に管理できるアプリで、成田空港では、VeriFLYを利用する乗客に専用のチェックインレーンを用意し、安心・安全な渡航の推進に向けサポートしている。VeriFLYは日本語対応もしているため、日本人も安心して利用できる。

健康管理アプリでチェックイン簡素化を実現

アメリカン航空は、人と人をつなぐことを使命と考え、2021年に入って以降、常に便・座席の供給量を回復させ、パンデミック以前の約9割まで便数を戻している。旅行者が行きたい場所にいつでも行けるよう、世界最大級の航空会社としてアメリカン航空は常に利便性の向上を図っていく。


広告:アメリカン航空 aa.com 

お問い合わせ:アメリカン航空予約センター 03-4333-7675

記事:トラベルボイス企画部

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。