NEC、顔認証でワクチン接種完了の確認を可能に、観光施設やイベントで来年度までに1000カ所導入へ

NECは、顔認証を活用してワクチン接種を完了していることを確認できるクラウドサービスを新たに開発した。2022年3月末から、生体認証とID連携機能を一体化したクラウド基盤「NEC I:Delight Services」のひとつの機能として事業者に提供を開始する。

日本政府提供の新型コロナワクチン接種証明書アプリ(ワクチンパスポート電子版)と連携。顔情報と証明書情報を紐づけることで、施設に入場する際にワクチン接種を完了していることを、スマートフォンや証明書の提示なく、顔認証による非接触で確認できるようにする。主に観光施設やイベントなどでの利用を想定し、2023年度中に1000カ所への導入を目指す。従来、係員が目視でおこなってきた確認作業工数も大幅に削減する。

今後はサービスの機能強化も検討する。ワクチン接種完了だけでなく、入場チケットの同時確認も顔認証で実施することで、大規模イベントにおける入場の簡便化、時短化を目指す。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…