【図解】訪日外国人数、5月は14.7万人、2か月連続で10万人超え -日本政府観光局(速報)

日本政府観光局(JNTO)によると、2022年5月の訪日外国人旅行者数(推計値)は14万7000人となり、2カ月連続で10万人超えとなった。ただし、2019年同月比では94.7%減(2019年の実数:277万3091人)で、訪日外客数はコロナ以前の1割に満たない数が続いている。

政府は感染状況に応じて段階的に出入国制限を緩和しており、2022年4月10日からは1日当たりの入国者数を1万人めどに拡大していた。5月には訪日観光ツアーの再開に向けた実証事業を実施した。6月10日には、旅行会社等を受入責任者とする訪日ツアーを再開。1日当たりの入国者数の制限を2万人に拡大しており、今後も入国者数の制限以内ではあるが、徐々に増加していくことが期待される。

地域別では、訪日客数の多い順に、ベトナムが3万9000人、中国が1万7000人、韓国が8800人、インドネシアが8700人、米国が8100人。

なお、航空データOAG社のデータによると、国内主要空港(成田、関空、羽田、福岡、名古屋、札幌)に到着した国際線が、便数・席数とも前年より2割以上の増加となり、大幅な回復傾向を見せている。便数は前年比23.6%増の3554便、座席数は25.6%増の86万8693席だった。

訪日外国人数の月次推移と市場別の数値は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

JNTO資料(対2019年比)より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…