GoToトラベル、オンライン旅行各社に予算追加配分、最大1泊1万4000円の補助が復活

国土交通省は2020年10月13日、政府の観光支援策「GoToトラベル」をめぐり大手宿泊旅行サイト中心に条件変更、販売停止が相次いでいるのを受け、給付金枠を追加配分すると正式に発表した。

これまで「じゃらん」、「Yahoo!トラベル」が旅行費用の35%、最大1万4000円まで受けられる割引の上限額を3500円に引き下げたほか、「楽天トラベル」が一会員につき1回の利用との条件を設定。前年度の販売実績に基づき、国から配分された予算が足りなくなってきたことが要因としていた。

政府の追加の予算配分を実施する方針の発表を受け、「Yahoo!トラベル」が国内宿泊ヤフープラン割引上限額1人1泊1万4000円の再開を発表。「楽天トラベル」、「じゃらん」も条件変更解除を告知している。販売を停止していた「Relux」は13日夕刻に販売を再開した。

一方で、GoToトラベルの販売を停止している「ゆこゆこ」は、13日20時段階で販売を再開できていない。同社によると販売再開の見通しは未定。予算の追加分について具体的な金額が事務局から提示されていないことを理由にあげている。

赤羽大臣は13日の会見で今回の混乱について、「予算が足りないことについて、事務局や観光庁が手当てをしっかりしていればOTAが苦肉の策を取らずに済んだのではないか」という点に言及。運営事務局の告知不足や不手際を指摘し「今一度緊張感をもって、執行するよう指示した」と明言した。また、サイト側には14日午前中までに元の割引額に戻すよう要請したという。

「GoTo」キャンペーン全体の2020年度(令和2年度)補正予算額は1兆6794億円。「GoToトラベル」事業の7月22日から9月15日までの割引支援額は約735億円で、「予算は枯渇していない」(赤羽大臣)。観光産業を通じた地域経済の活性化を目指して本格運用の始まったGoToトラベル事業だが、運用面での混乱が続いている。予算執行における透明性をもって、旅行者にも観光事業者にもわかりやすく、混乱の起きない運用が求められる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。