エクスペディアとアコーグループ、ユネスコ「サステナブルツーリズム誓約」を共同推進、使い捨てプラスティック廃止を支援

エクスペディア・グループは、アコーホテルズグループの協力のもと、ユネスコ(UNESCO)が推進する「サステナブルツーリズムの誓約」の取り組みを世界96ヵ国にまで拡大する。これにより、両社は、「責任ある観光」「地域社会の回復力」「世界遺産の保護」を推進するとともに、使い捨てプラスチック製品の削減と廃止を支援していく。

ユネスコによるこの誓約は、2019年10月にエクスペディア・グループとタイ国政府観光局(TAT)との活動で開始。2020年にはタイ国内の500軒を超える宿泊施設が誓約に署名した。

今回の合意により、世界中のアコーホテルズグループ3358軒のホテルがこの誓約に参加することになる。同グループは、物資の現地調達や多様性の尊重のほか、水、エネルギー、廃棄物の管理に関する具体的かつ定量的な目標を定めた「Planet 21- Acting Here」を推進しているところ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。