日本/中国の観光トップ会談、観光復活へ課題解決で一致、航空便の早期回復やバーチャル観光の推進

赤羽国土交通大臣と中国の胡文化旅游部長は2021年5月17日、オンライン会議を開催した。コロナ禍で日中観光大臣会合等の会議が開催できていない状況を踏まえ、両国の観光分野に関する課題などを意見交換した。

会議では、人的交流の回復に向けて感染症の克服に全力を尽くすとともに、観光復活のための課題解決に取り組み、両大臣間の対話を継続することで意見が一致。コロナ禍の観光振興ではデジタル技術の活用による「バーチャル観光体験」の実施が提案されたほか、ポストコロナ時代にはより一層、ツーウェイツーリズムの促進を目指すことが確認された。これに向け、観光交流の再開には両国間の航空便の早期回復が重要であるとの確認もされた。

このほか赤羽大臣は、中国四川省成都市に、日本政府観光局(JNTO)の新事務所を開設する意向を伝達。また、今年日本で開催予定の日中韓観光大臣会合への胡部長の参加要請や、今夏の東京五輪について、中国選手を迎えて成功裏に開催したい意向とともに、レガシーを冬の北京五輪に引き継ぎたいと話した。これに対し胡部長は、全面的に協力する意向を示した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。