民泊エアビー、大阪観光局と連携で観光コンテンツの拡充推進、2025年万博を見据え、宿泊データの共有も

エアビーアンドビー(Airbnb Japan)と大阪観光局が「ホームシェアリングを活用した観光促進と経済発展に関する包括連携協定」を締結した。両者は、2025年の大阪・関西万博で増加が見込まれるインバウンド需要や新しい旅のニーズを見据えた協力を進め、大阪の観光促進と経済発展を目指す。

連携協定に基づいて、両者はグローバルに向けて大阪の魅力を発信するとともに、ホームシェアリングの認知度向上と地域の観光促進と経済発展で共に協力。Airbnbの宿泊施設(ホスト)と連携した観光コンテンツの活用を進めるほか、観光プロモーションへの活用を目的にAirbnbの宿泊データの共有を行う。

また、ワーケーション、長期滞在、ペット・ツーリズムなどの新しい旅のニーズに合わせた地域の観光コンテンツ・体験メニューを拡充するとともに、ホームシェアリングを通じた地域社会・経済の活性化を進めていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…