ANA、ハワイ線のA380型機の機内仕様を発表、ファーストクラスに日本初の「ドア付き個室型」席、エコノミーには「ごろ寝」できる座席【画像】

全日空(ANA)は2019年春に東京/ホノルル線で導入する3機のエアバスA380型機について、機体デザインと機内仕様を発表した。

すでにANAでは、同路線の特別塗装を「空飛ぶウミガメ」とし、愛称は「FLYING HONU」に決定。今回はさらに機体の色について、ハワイをイメージした「空」(ANAブルー)、「海」(エメラルドグリーン)、「夕陽」(サンセットオレンジ)と、それぞれ個性を持たせる仕様とすることを発表した。

また、2階建ての機内は全520席で、2階のアッパーデッキはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席のアッパークラスに。ANAのホノルル線で初導入となるファーストクラスは、日本初のドア付き個室型シートを設置。ビジネスクラスは従来の座席を互い違いに配置するスタッガード配列ではなくペアシートととし、家族やカップルなどレジャーの利用の多い路線として工夫する。

1階のメインデッキはエコノミークラス383席。そのうち、後方の60席には国内初となるカウチシートを設ける。隣接する席のレッグレストを上げて、3席分または4席分をベッドのように利用できるもので、小さな子供連れの搭乗客が寝転んで休めるよう、専用の寝具を用意する。さらに後方にはベンチシートや、シンク、おむつ交換台を備える多目的ルームも設置する。着替えやパウダールーム、授乳など、様々な用途での利用に対応する。

このほか機内では、空や海、朝日、星空、虹などのハワイの景観をイメージしたライティングや壁紙などで、ハワイらしさを演出。また、チャットボット型AIを活用したポータルサイト「#hawaii24」を開設し、ユーザーが会話を楽しみながらハワイの情報を収集できるツールとして提供していく。

ANAが発表した機体デザインと機内仕様の画像は以下の通り。

▼機体デザイン

ANA発表資料より

▼シートマップ

ANA発表資料より

▼ファーストクラスとビジネスクラス

▼エコノミークラス・カウチ席と多目的ルーム

▼機内ライティングや壁紙

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。