アメリカン航空、日本路線で5月から機材小型化へ、 新型コロナの影響で国際線の運休拡大

アメリカン航空は、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大しているなか、旅客需要が落ち込んでいることから、新たな国際線スケジュールの変更を発表した。これにより、夏期ピークシーズンの国際線座席供給量は全体で前年比10%の減少。アジア太平洋については同55%の減少になる見込み。4月のアメリカ国内線は同7.5%減。

日本路線では2020年5月7日から機材を小型化する。羽田/ロサンゼルス線では787-9から787-8、羽田/ダラス・フォートワース線では777から787-8、成田/ダラス・フォートワース線では777-200と787-9から787-8にそれぞれ変更する。

中国路線では、運休期間を大幅に延長。ダラス・フォートワース/北京線、ダラス・フォートワース/上海線、ロサンゼルス/北京線、ロサンゼルス/上海線を今年10月23日まで運休する。香港については、ダラス・フォートワース線が7月1日まで、ロサンゼルス線が10月23日まで運休。

ダラス・フォートワース/ソウル線も5月1日まで運休期間が延長。その後、5月7日から機材を787-9から787-8に小型化する。

ヨーロッパでは、ニューヨーク(JFK)/ミラノ線とマイアミ/ミラノ線の運休を延長するとともに、新たに以下の路線での運休を決めた。

  • シャーロット/バルセロナ: 5月7日〜6月3日
  • シャーロット/ローマ:3月28 日〜6月3日
  • ダラス・フォートワース/ローマ: 3月29日〜4月23日
  • ダラス・フォートワース/ローマ: 7月2日〜8月17日
  • JFK/ローマ: 3月29日〜4月23日
  • JFK/ミラノ: 5月1日まで
  • マイアミ/パリ: 5月7日〜6月3日
  • マイアミ/ミラノ: 5月1日まで
  • オーランド/ベニス: 6月3日まで
  • オーランド/ローマ: 3月28日〜6月3日
  • フィラデルフィア/ローマ: 3月10日〜4月23日

南アメリカの運休は以下の通り。

  • ダラス・フォートワース/サンチャゴ(チリ): 4月14日〜5月6日
  • JFK/サンパウロ: 4月14日〜5月6日の間火曜日と水曜日の便を運休
  • マイアミ/モンテビデオ(ウルグアイ): 5月7日〜12月17日

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…