ホノルル市内の施設で、ワクチン接種証明か検査陰性証明の提示を義務化、9月13日から

ハワイ・ホノルル市のブランジアーディ市長は、新型コロナウイルス再拡大防止策として、セーフアクセスプログラムを2021年9月13日から施行すると発表した。これは、レストラン、バー、ジムなどの施設を利用する際に、ワクチン接種証明書の提示、あるいは過去48時間以内に新型コロナウイルス感染症検査(分子または抗原検査)の陰性証明書の提示を義務づけるもの。9月13日から約60日間実施される。

また、すべての従業員も接種証明書提示、または毎週新型コロナウイルス感染症検査の陰性証明書を提示する必要がある。

このプログラムの対象となる施設は、以下の通り。

  • レストラン(屋内の飲食スペースを常置しているスーパーやフードコート含む)
  • ジムやフィットネスセンター、ヨガ、ピラティス、バレー、ダンススタジオ、ボクシング/キックボクシングジム、フィットネス・ブートキャンプ、屋内プール等
  • ボーリング場、射撃・アーチェリー会場、プール、ビリヤード施設
  • 映画館、美術館、博物館
  • レクリエーションゲームまたはエンターテイメントセンター
  • 植物園、動物園、水族館・海洋生物関連のアトラクション
  • 商業用ポート、公共・プライベートプール
  • その他アトラクション(カルチャー関連、ゴーカート、ミニゴルフ)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…