タイ、ワクチン接種証明書のみで入国可能に、タイランド・パス登録と保険加入義務を撤廃、7月1日から

タイ政府は、これまで水際対策の一環として海外旅行者に求めていた「タイランド・パス」への登録と保証額1万ドルの保険加入の要件を2022年7月1日から撤廃すると発表した。

これにより、ワクチン接種証明書あるいは出発72時間前までのPCR検査または抗原検査キット(ATK)による陰性証明のみの提示で入国が認められることになる。

ただ、空港では入国者に対して無作為の検査を実施する。また、ワクチン未接種者および陰性証明を提示できない旅行者は、入国の際にATKを受ける必要がある。

このほか、タイ当局はバンコクおよび76県すべてを「グリーンゾーン」に指定。これにより、全国で通常の事業が行われることになる。

なお、タイ政府は近日、アフターコロナに向けた新たなガイドラインを発表する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…