楽天トラベル、宿泊施設の「サステナビリティ度」を見える化、基準満たす施設にバッジ付与へ、検索絞り込みを可能に

楽天トラベルは、国内の登録宿泊施設におけるサステナビリティへの取り組み内容を紹介する「サステナビリティアイコン」を新たに公開した。 これは、楽天グループが推進する「Go Green Together」プロジェクトの一環。サステナビリティへの取り組みで一定の基準を満たす宿泊施設に付与する「サステナブルトラベルバッジ」についても順次公開していく。

利用者は、 旅行予約の際に各宿泊施設のサステナビリティへの取り組みを理解したうえで、それぞれの旅行スタイルに適した宿泊施設を選ぶことができるようになる。サステナビリティアイコンは、 「廃棄物」「水資源」「エネルギー」「自然環境」「食」「伝統/歴史」「多様性」「地域貢献」の8つのカテゴリに分れる。

また、サステナブルトラベルバッジは、 取り組み内容の度合いに応じて、2段階の星の数で表示。利用者は、サステナブルトラベルバッジが付与された宿を検索時に絞り込んで選ぶこともできる。

さらに、楽天トラベルは、宿泊施設のサステナビリティへの取り組みを推進するための「ハンドブック」を作成し、 登録宿泊施設向けに公開している。

いずれの取り組みも持続可能な旅行と観光のための世界基準を設定・管理しているGSTCの基準を元に独自に作成。サステナブルな旅行を推進する業界団体であるJARTAによる監修も受けている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…