ジャルパック、海外ツアーは7%増目標-企画力、手配力で勝負

ジャルパックは1月17日、2013年度上期のJALパック海外商品を発売した。13年度のポイントとして、JALパックならではの企画力と手配力を生かした商品づくりをアピール。「ゆったり」と「楽しい」をキーワードに、特に新世代シニアとファミリー層の取り込みをはかる。

たとえば「ゆったり」の部分としては、世界遺産訪問コースと添乗員付きコースを充実。ヨーロッパでは最大参加人数を20名から25名としたほか、パリではオペラ地区の好立地ホテル利用のツアーも用意した。また、「楽しい」の部分では、ハワイのオリジナル観光バス「ホクレア」に新ルート「ナイトツアー・イミロア」を設定。また、グアムでは「クマノミ・スノーケリングツアー」など、大人から子供まで参加できる観光プランを用意した。

ジャルパックの2012年度の海外商品取扱人数は前年比4%増の27万4000人の見込み。13年度は7%増の29万2000人を目指す。方面別の取扱目標は、以下の通り。

JALパック_海外

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。