マレーシア航空、JALのバンクーバー線でコードシェア

マレーシア航空(MH)は2013年12月24日から日本航空(JL)の成田/バンクーバー線でコードシェアを始めた。成田18:05発バンクーバー10:00着のJL018にはMH9770、バンクーバー13:00発成田16:30着(翌日)のJL017にはMH9769の便名がつく。
マレーシア航空グループCEOのアフマド・ジャウハリ氏は、JALとのコードシェアについて、「バンクーバーから東京を経由してクアラルンプールに飛ぶ旅行者に有益なものになる。また、主要海外マーケットへのアクセスを強化することで、マレーシアへの旅行者を増加させるとともに、マレーシア観光年2014への貢献にもつながるだろう」とコメントしている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…