東北・北海道新幹線でネット限定の半額きっぷを発売、臨時運転の早朝列車で大宮/北海道が1万円以下に -JR東日本

東日本旅客鉄道(JR東日本)と北海道旅客鉄道(JR北海道)は、2018年6月23日と30日に、大宮/新函館北斗間で東北・北海道新幹線「はやぶさ101号」を臨時運転する。北海道内での滞在をより長く楽しんでもらおうと設定したもので、大宮を午前6時発に設定。新函館北斗着は午前9時41分で、東京発6時32分の「はやぶさ1号」よりも先に到着する。

これにあわせ、「えきねっと」と「モバイルSuica」で、臨時列車を対象にしたインターネット限定で50%割引のきっぷを設定。えきねっと会員限定の「お先にトクだ値スペシャル」(乗車券付き)では、大宮/新函館北斗間を通常期の2万1740円に対し、1万860円で販売する。販売期間は、乗車日1か月前の午前10時から20日前の午前1時40分まで。

モバイルSuica会員限定の「スーパーモバイルSuica特急券スペシャル」(スーパーモバトクスペシャル)では、同区間を通常期の1万9990円に対し、9940円で販売する。販売期間は、乗車日1か月前の午前10時から21日前の午後11時40分まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。