JTB、新会社で観光施設のチケットデジタル化を支援、3密回避・非接触・入場者特定などで

グッドフェローズJTB (GFJ)は、新型コロナウイルス感染防止対策として、国内観光施設向けにチケットデジタル化プラットフォームサービスの導入支援を行う。同社はJTBとチケッティングサービスを展開するグッドフェローズが立ち上げた合弁会社。日本国内の観光施設や観光業界全体のデジタルトランスフォーメーションを支援する目的で、今年4月から営業を開始している。

具体的には、2020年6月19日から、チケットデジタル化での入場認証で必要なモバイル端末1000台を先着で無償提供。これにより、3密回避や非接触など感染防止対策を支援する。施設内で感染が確認された場合、日時を指定した入場認証済みのデータを販売事業者へ提供することで、入場者を特定し連絡を行うことが可能となる。

さらに、情報発信支援として、JTBパブリッシングが運営する子連れの旅行・おでかけ応援サイト「るるぶKids」で、各施設の感染防止対策、再開・運営情報、各種イベント情報のニュース掲載を無償で行う。

GFJは、観光施設向けサービスとして、チケットデジタル化プラットフォームサービスのほか、地域内の施設間連携による共通券の企画造成サービスを提供するほか、将来的にはビジネス・インテリジェンス(BI)ツールやデータマネージメントプラットフォームを活用したコンサルティングサービスも提供していく計画。

チケットデジタル化プラットフォームサービス(報道資料より)

また、販売事業者向けには、観光施設が提供する魅力の高い観光素材を集積するデジタルプラットフォームをAPI接続で提供することで、顧客に合わせた商品企画・マーケティングや、契約や精算に係る業務の効率化を支援していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。