日本の旅行市場、今年は「半減」と予測、米旅行調査会社がレポート発表、コロナ危機でOTAより事業者が有利に

米旅行調査フォーカスライト社はこのほど、日本の旅行市場についての最新レポート「Japan Travel Market Update 2020」を発表した。それによると、2019年の旅行市場規模は前年比3.6%増、総予約高はアジア太平洋で中国に次ぐ第2位の1044億ドル(約11兆円)。しかし、コロナ危機により東京五輪は延期となり、2020年は前年比54.2%減の478億ドル(約5兆円)に縮小すると推計している。

旅行マーケットにおけるオンライン予約の広がりについては、豪州、ニュージーランド、中国、インドなど、アジア太平洋地域の主要マーケットと比べて日本は格段に遅いとしている。毎年、少しずつ拡大傾向にはあるが、2020年も日本でのオンライン予約シェアは45%と過半数を下回る見込み。日本では、鉄道の切符も券売機での購入が好まれると指摘している。

日本の市場規模とチャネル別シェア、オンライン予約状況の推移(フォーカスライト発表資料より)

また日本のオンライン旅行市場では、ブランド力が強い航空会社や鉄道など、サプライヤー(事業者)が優位にあるが、ホテル流通ではOTAがオンライン市場をリードしており、訪日インバウンド旅行者からの利用増がこれを支えてきたと説明。2019年までの5年間のシェアはサプライヤーが59%、OTAが41%だったが、コロナ危機下では、サプライヤーからの直販利用者が増えると予測。この結果、2020年のオンライン販売シェアは、サプライヤーが全体の61%を占めると予測している。

レポートの詳細は以下より有料で入手できる。

Japan Travel Market Update 2020

※ドル円換算は1ドル106円でトラベルボイス編集部が算出。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。