星野リゾート、山口・長門湯本温泉に「界」ブランドで旅館開業、宿泊者以外も利用できるカフェも

星野リゾートは2020年3月12日、山口県・長門湯本温泉に「星野リゾート 界 長門」を開業した。温泉旅館の界ブランドでは16施設目。テーマは藩主を癒した温泉街で武家文化を体現した「藩主の御茶屋屋敷」で、客室に山口県の伝統工芸である萩焼、徳地和紙、大内塗、萩ガラスをあしらうほか、ロビーには床の間の掛け軸や飾りをしつらえた。

長門市と共同で進める「長門湯本温泉まちづくり計画」のコンテンツのひとつとして、宿泊者以外も利用できるカフェ「あけぼのカフェ」も開業する。

星野リゾートは2016年1月、長門市から「長門湯本温泉マスタープラン」の策定を受託。長門湯本温泉は高度成長時代には約40万人の旅行客が訪れていたが、2014年には半分の約20万人にまで減少したことなどを背景に、再生のため地域の特色を活かした温泉旅館ブランド「界 長門」の進出を決めた。

界ブランドの特徴である地元の文化体験では「おとなの墨あそび」を提案。山口県の伝統工芸である赤間硯で墨をすり、扇形の型紙にしたためるプランを用意する。客室は全40室。食事処、トラベルライブラリー、カフェ、大浴場などを備える。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。