持続可能な観光を推進する国ランキング、上位にスカンジナビア諸国、日本は53位に

グローバル市場調査会社ユーロモニター・インターナショナルは、2020年の「持続可能な観光トップ国」ランキングを発表した。この調査は、「サステナブル・トラベル・インデックス」7項目(環境的持続性、社会的持続性、経済的持続性、カントリーリスク、持続可能な観光需要、持続可能な交通および宿泊施設)に基づいて、世界99カ国を対象に実施されたもの。

それによると、1位はスウェーデンで、続いてフィンランド、オーストリア、エストニア、ノルウェーがトップ5となり、上位はスカンジナビア諸国をはじめ欧州の国が独占した。スカンジナビアでは、全体の65%の旅行事業者がすでにサステナブル戦略を実行していると回答。全体では50%で、小売業の70%よりも低くなっている。

1位のスウェーデンは、調査指標7項目の多くでトップとなった。スウェーデン政府は持続可能な開発目標(SDGs)17項目を達成するために必要な枠組みを策定。特に、気候変動、北極圏での生態系保護、脱炭素の循環型経済を進めている。サステナブルツーリズムでは、主要都市内の地域観光を重視。「飛び恥」ムーブメントに見られるように、効率的な交通インフラや航空以外の移動手段を追求しているほか、宿泊施設では環境に優しい建築デザインで数々のロールモデルを生み出している。

一方、アジア諸国の順位は低く、最上位はラオスの51位。日本は53位、台湾が55位、中国が56位にとどまった。

また、モザンビークは全体では68位だが、環境的持続性指標では、観光における国立公園の保全や生態系保護が高く評価され、1位となった。

経済的持続性指標の1位は香港。全体では77位と低いものの、2020年6月に香港政府観光局が展開したデジタルプラットフォーム「Hello Hong Kong」キャンペーンなどが評価された。日本は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言後に、GoToトラベルで国内旅行者が増加したことから、最も改善した国のなかで20位となった。

このほか、持続可能な交通指標はオーストリア、持続可能な宿泊施設指標はリトアニアがそれぞれ1位となった。

総合トップ20は以下の通り。

  1. スウェーデン
  2. フィンランド
  3. オーストリア
  4. エストニア
  5. ノルウェー
  6. スロバキア
  7. アイスランド
  8. ラトビア
  9. フランス
  10. スロベニア
  11. スイス
  12. リトアニア
  13. クロアチア
  14. チェコ
  15. アイルランド
  16. ドイツ
  17. ベルギー
  18. デンマーク
  19. オランダ
  20. ポルトガル

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。