星野リゾートの「界 長門」、伝統工芸「赤間硯」職人と自分だけの硯づくり体験、地元職人との連携強化

星野リゾートは、温泉旅館ブランド「界 長門」で2021年7月22日~8月22日の期間中、山口県の伝統工芸・赤間硯(あかますずり)を職人と一緒に作成する体験会を開催する。作硯家(さくけんか)の日枝陽一氏にガイドを受けながら、実際に職人が使っている大きなノミを使って赤間石を硯に変化させていく行程を体験する内容。出来上がった硯は職人が仕上げ、後日郵送される。

時間は宿泊翌日の10~12時で、料金は1万円(宿泊費別)。前日には、赤間硯で墨を削り、扇型の型紙に綴る「おとなの墨あそび」プランも体験できる。「界」では、こうした地域の文化を継承する職人や作家、生産者と連携したご当地文化体験を「手業のひととき」と題して提案しており、今夏は「界 長門」に加え、「界 箱根」、「界 伊東」、「界 アルプス」の4施設で実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。